売却事例

(千葉県 船橋市 古屋付土地 50代 男性)

何に悩んでいましたか?
2世帯住宅への住替えを検討していたところ、
気に入った物件が見つかってしまった。
その物件を購入したいが、自宅の売却活動をしていないため困っていました。
また、住み替え先の融資の相談をしたところ、
現在所有している住宅のローンを完済しないと住み替え先の融資ができないと言われてしまいさらに困っていました。

 

さてオクがやってくれたことは何ですか?
さてオクに状況を説明したところ、すぐに自宅へ来てくれて建物内部の写真・動画・物件の調査をしてくれました。
売却する自宅のエリアは事例的に不動産の価格が高くないので、普通の仲介業者に依頼した場合、ちゃんと販売活動をしてくれるか心配でしたが、
さてオクは提携している買取業者に直接買取依頼をするということで、納得できました。
また物件調査をしてから、すぐに買取最低の価格がわかったため、
助かりました。


さてオクを利用してどうでしたか?

・居住中の古屋から2世帯住宅への住替え
・自宅のローンの完済が条件
・高齢の両親と同居中
と問題が多かったですが、さてオクに売却の依頼をして、すぐに実際の売却価格がわかったため、自宅の売却、新居の購入、住宅ローンの審査が同時進行で無事にできたので、助かりました。
不動産の売却活動では、物件の内覧が必要ですが、両親が高齢のため内覧の手間をかけることを心配していましたが、手間をかけずに売却ができたことも、良かった点です。
自宅の建物は非常に古く、建て替えが必要な物件でした。先に建物を解体して更地での販売ができれば、購入して新築のイメージが付きやすいと思いますが、実際建物には居住しているため、先に解体はできませんでした。
一般の販売では難しかったと思うので、さてオクに売却の依頼をして良かったと思います。
自分と同じように、住み替えなどで困っている方も多いと思うので、是非さてオクの利用をおススメします。

 

 

関連トピックス
シニアの住替え実態、トップは「家の老朽化」
リクルート住まいカンパニーが行った調査(調査対象は50歳以降に住替えを行い、現在首都圏に住む50~70代の男女1029人。調査時期は2014年8月26日~28日)によると、住替えを行った人への住替え先の調査では、住み替え先は、「同一駅圏内」「同一市町村内」「場所変わらず」の近距離が約半数強を占め、「市町村外」「都道府県外」の遠距離が約残り半数弱を占めた。 どのような家に住み替えたかについては「賃貸住宅」約2割5分がもっとも多く、「単世帯用マンション購入」2割弱、「単世帯用の戸建て購入」約2割弱と続いた。「二世帯住宅を新築」は約1割強、「自宅を二世帯住宅へリフォーム」は約5%だった。 住み替え理由のトップは「家が老朽化してきた」。70代をみると他年代に比べて「防災性(耐震など)がしっかりした家に住みたかった」「駅から近いところに住みたかった」「掃除・庭の手入れなどが大変だった」「家が広すぎるのでコンパクトな家に引っ越した」といった理由も多かった。住み替え後に実現できたこと・新たに始めたことを聞くと、「利便性が良い暮らしが実現できた」、「安心安全に暮らせるようになった」「健康に暮らせる環境が整った」が上位をしめる。
70代をみると「駅から近い家になったので出かけやすくなった」「今の近所のつながり以外に新たな友だちができた」「医療が受けやすくなった」などで平均値よりも高い結果が得られた。住み替え前の家が持ち家だった人は約半数。このうち約7割が住み替えにあたって売却を実施していた。住み替え時に不安だったことのトップは「家財道具の処理」。持ち家だった人に限ると「持ち家の売却や新たな家の購入などの手続きの面倒さ」が最多だった。
さてオク View
時の経過とともに、建物が老朽化して、居住者の生活状況や家族環境も変化していきます。関連トピックスにもあったように、住み替え時には自宅の売却が約半数をしめ、7割の方が住み替え時には自宅の売却を実施しています。
住替えを行う際に、問題になってくるのが既存の住宅ローンの完済が住み替え先の住宅ローンの条件になってしまう事です。
通常、不動産の購入・売却どちらか一つでも大変な労力が必要ですが、同時に売却と購入を行うとなると、より多くのエネルギーが必要になってしまいます。
また、購入する物件が先に決まってしまった場合、期限内での売却が条件になってしまうので、期限というプレッシャーに焦ってしまい足元を見られてしまう可能性もあります。さてオクでは買取査定を実施しているため、住み替えを検討する際は事前に買取価格を把握することができます。
さてオクの買取査定で確実な売却価格を事前に知り、確実な資金計画を立てることでゆとりある住替えを行うことをおススメいたします。