売却事例

(神奈川県 川崎市 戸建 50代 男性)
何に悩んでいましたか?

運転資金が必要でした。セカンドハウスの売却を知り合いの不動産屋に依頼したが、

必要額に達していませんでした。

 

さてオクがやってくれたことは何ですか?

運転資金として必要な金額を最低入札価格としてオークションを開催してくれました。

最低入札価格を超える値がつき必要以上の価格で売却ができました。

 

さてオクを利用してどうでしたか?

運転資金不足の解消だけでなく余剰資金の確保もできて満足しています。

 

 

 

 

 

 

関連トピックス

ネットで資金調達 活発に…地域活性化に一役

個人や企業などがアイデアをインターネットで提案し、賛同者に出資してもらう資金調達手法であるクラウドファンディングが活発なようです。耕作放棄地の整備や地域資源の活用事業などにも有効で、地域の活性化に一役買っているとのこと。民間での機運の高まりを受け、出資者と企業マッチングする行政も出始めました。

さてオク View
クラウドファンディングといった資金調達の手法が現れる等、調達方法が多角化しており、今後も波及していく可能性がありますが、あらゆる業種で使えるわけではなく、一般的に普及するには、もう少し時間が必要です。

今回の売却事例においては、不動産の売却理由が明確で、一刻も早く現金化が必要な方でした。事業資金においては、必要額を用意できないと取引先や金融機関に対する信用を失ってしまう場合があります。

早急な不動産売却の場合は、どうしても足元を見られがちです。1円でも多くの資金が必要であっても、売却には必要経費が掛かってしまいます。

さてオクでは、そんな場合でも、早急に、公正に、仲介手数料無料での不動産の売却が可能です。もし、まわりに早急に不動産の売却によって資金調達が必要な方がいましたら、是非さてオクをご紹介ください。

より多くのご紹介をいただくためにサポーターシステムがありますので、ご利用ください。

サポーターシステム