売却事例

(東京都 台東区 1棟アパート 40代 男性)

何に悩んでいましたか?

収益アパートを購入する際、家賃保証をしてくるという事で安心してローンを組みましたが、家賃保証会社が倒産してしまいました。
空室があったため保証賃料が支払われなくなり不安と焦りがありました。
 

さてオクがやってくれたことは何ですか?

空室がありましたが、収益物件を専門で取り扱う複数の買取業者が
買取査定をしてくれました。
最高値の査定額がローンの残高を超えていたため売却を即決しました。
 

さてオクを利用してどうでしたか?

債務が残らず売却できて良かったです。
今回の経験で空室リスクや家賃保証会社の倒産リスクの怖さを知りました。

 

 

 

 

 

関連トピックス
「家賃保証」アパート経営、減額リスクの説明義務化

「全室を一括で借り上げる」「家賃は保証する」と謳いアパート経営を業者から誘わたが、数年後に家賃を減額されるなどの苦情が多いようです。国土交通省は「将来は家賃が減る可能性がある」との説明を賃貸住宅管理業者に義務づける制度改正を制定しました。

さてオク View
基本的に、個人の大家さんも不動産事業者として扱われますので、事業者(経営者)としての視点をもつことが大切です。立地、家賃相場や家賃の変動、修繕や建替え、そして空室等のリクスを踏まえた上で経営することが求められます。また、大家さんは管理会社(賃貸保証会社・サブリース会社)等の不動産業者との契約も消費者としてではなく事業者として対等の立場での契約となりますので、事業者としての心構え、準備も必要になります。

アパート経営では出口・売却計画も重要とされています。安心したアパート経営をするためには、万が一アパートを売却しなければいけなくなった時の為に、実際の売却価格を事前に知り、売却時の資金計画を立てておくことが重要です。まずは買取査定により売却価格を想定して資金計画を立ておきましょう。そして実際に早急な売却が必要な場合は是非「さてオク」をご利用ください。収益物件を専門で取り扱う複数の買取業者とも提携しておりますので、早急・確実・高値でのアパート売却が可能となります。また、空室が多い物件でも買取可能な買取業者も多数おりますので、空室が多い場合でも安心してご利用ください。