売却事例

東京都 大田区 店舗付戸建 40代 男性

何に悩んでいましたか?
生前父親が売却の交渉だけを行って売却をしなかったため
「売却の目途が立っていない売り物件」と情報が出回っており、
私が売却相談を不動産会社にしても、真剣に取扱ってもらえませんでした。

 

さてオクがやってくれたことは何ですか?

生前の父親の売却活動の詳細を聞いて、ここまでの売却経緯を整理してもらいました。そのことを買取業者に伝えオークションを開催してくれました。

 

さてオクを利用してどうでしたか?

父親は少しでも高く売却したいという気持ちだったと思います。
父親が交渉した査定額よりも高く売却できて母親と私も満足しています。

 

 

 

 

 

関連トピックス

不動産屋の「イチオシ物件」に隠された真実

最近、報道でも取り上げられるようになった不動産仲介会社による「囲い込み」は売却の依頼を受けた仲介会社が売主、買主の双方から仲介手数料をもらうために、物件情報を操作して、売却の依頼を受けた不動産を独占的に取引することで発生します。情報操作された物件はまさに仲介会社のブラックボックスとなり、売主様と買主様にとっても不透明なものになってしまいます。物件の「囲い込み」は売主様にとっては、仲介会社に売却時期までもコントロールされてしまうため、売却時期を故意に遅らされる可能性もあります。買主にとっても本来購入を希望している物件が、囲い込まれた物件の場合、購入したくても購入することができません。
この「囲い込み」問題にはとうとう国も動き出しました。国土交通省からの要請に基づき、不動産業者が利用する流通サービスの「レインズ」が平成28年1月から新たな機能を導入したのです。

さてオク View

「さてオク」での買取査定・オークションを通じての売却は、仲介手数料が無料です。そのため、「囲い込み」という概念がございません。6社による公平な査定結果にご満足いただければ、そのまま売却することができます。さらにオークションを開催した場合には、6社による公平な買取価格のうち最高値の査定額を最低入札価格として、売却物件のエリア・物件に該当する買取業者全社がオークションに参加するので、透明な価格競争により入札価格が決定されます。既に売却を依頼されていて、売却活動に不信感や不透明さを感じている方は、是非一度「さてオク」をご利用ください。